うつ

DV(ドメスティック・バイオレンス)とは?

更新日:

こんにちは。うつ病歴7年、闘病の末ようやく克服できたシアンです。

私がうつ病になった経緯をお話しようと思います。

簡単に言うと高校生の頃に付き合っていた彼氏によるDVが原因なんですよね。

その彼氏からの束縛やモラハラがとにかく凄くて、相当なストレスを感じておりましたが、逃げることすら許されず、反抗した後のことを考えると恐怖で行動を起こすことなんて全く出来ませんでした。

それにDVを受けることが当たり前になりすぎて、反抗しようという気にならなくなったんですよね。

ある種の洗脳ですよ。

そうしたDVの被害に遭ったが故に私は狂ってしまったんですよね。

心がパンクしたんです。

何も出来ないし何もしようとも思えない。
でもその彼氏にだけは執着しているって感じでしたね。。。

まさにDVが原因でうつ病を発症させてしまったんです。

もしも、あなた自身やあなたの周りで「あの人DV受けてない…?」って怪しく思う人がいたら、ぜひとも助けだしてあげてほしいと思います。

被害を受けている本人は最初の頃は逃げ出そうとするんですが、次第に逃げることを考えなくなってしまうんです。

そうなると洗脳された状態になり、正常な判断が分からなくなってますので非常に危険です!

そこで、今回はまずDV(ドメスティック・バイオレンス)とはなんぞや?ということで、詳しく解説していきますね!

 

 

そもそもDVってなに?

DV…ドメスティック・バイオレンス。

親密な関係における暴力。
分かりやすく表現すると、性的な関係のあるパートナー間で起こる暴力をさします。

『配偶者・恋人からの暴力』と言われることもあります。
(※親子間での暴力や虐待もDVになりますが、このブログでは配偶者や恋人間での暴力の話をします)

 

DV・暴力の種類

【身体的な暴力】

殴る、蹴る、唾を吐きかける、監禁する、押さえつける、つかんでゆする、タバコなどで火傷させる、など。

【精神的(心理的・感情的)な暴力】

感情を見せない、無視する、「別れる」と言って脅す、相手に「死ね」と言う、「自殺する」と脅かす、など。

【性的な暴力】

相手がしたがらないのにセックスを無理強いする、避妊に責任をとらない、怖がらせて嫌と言えなくさせておいてセックスを求める、など。

【経済的な暴力】

お金を払わせる、貢がせる、お金を貸すことを強いる、など。

 

DVは立派な犯罪です!

DVは立派な犯罪なんですよ。

だってその人の持ってる人権を侵害しているわけですから。
人権というのは人間らしく生きる権利であり、人が生まれながらにして持っている平等の権利だと憲法によって守られています。

身体的にも精神的にも暴力は絶対にいけません。
たとえどんな理由があろうとも、です。

感情のままに暴力を振るうのは人間のすることではありませんよね。
人間には「理性」というものが存在しますから。

 

 

ある種の洗脳状態

DVって洗脳と深い関係があると思うんですよ。

私がそうだったんですが、DVを受けてるって自覚が全くなかったんですよね。

冒頭でも少し触れましたが、DVの被害者は初期の段階では「あれ?おかしい…」ってきちんと思うんですよ。

それがいつしか、その状況が当たり前になり、自分が悪いからこんなことになっちゃったんだ…と考えて『逃げ出そう!』って気持ちがなくなってしまうんです。

そうなってしまったら加害者からすると洗脳完了ってわけですよ。

なにより、被害に遭っている本人がDVを受けているという事実を認識することが一番大事なんです。

 

被害者は自分をDVの被害者だと感じません。
だって自分が悪いって思ってるだけですから。

いくら周りが「それはDVだから別れなさい」と言ったところで本人がDVを受けている自覚がなければ、行動にうつす(逃げ出す)ことはほぼ不可能に近いんじゃないでしょうか。

そうならない為にも、正しい知識を得ることは重要だと思います。

 

そして、私が常々感じていることなんですが、DVの正しい知識を幼少の頃から学習していくことがDV被害の予防策に繋がると思います。

例えば学校の授業で深く掘り下げて説明するとか、小学校低学年でする道徳の時間に『暴力はダメですよね~』って教育をするとか。

色々やりようはあると思うんです。

DVにも種類がいっぱい存在し、事前に知っておくことで、実際に自分がDVに遭った時、これはDVだ!って気付く確率も上がると思うんですよね。

もしくは『友達がDVに遭っているかも…』と疑問に感じた時に声をかけることが出来るかもしれません。

そういったことがDV被害の拡大を防ぐ効果があるんじゃないかと思います。

 

 

そして今現在、被害に遭っているあなた。

もし配偶者や恋人との関係で「何か違和感がある」と感じたら、迷わずに第三者の方に相談してみてほしい。

客観的な目で『これはDVじゃないだろうか?』と考えてみてほしいです。

なかなかDVに遭っている中で、自覚するのは難しいかもしれません。

また、自覚したとしても「彼(彼女)を愛しているから…」と別れることに躊躇する方もいらっしゃるかもしれません。

勇気を持って一度離れてみて下さい。
一旦離れてみると意外と心が穏やかになって、もう彼とのあんな日々は送りたくないと感じるかもしれません。

どうか勇気を持ってほしい、一人でも多くの被害者の方が助かってほしいと、強く切に願います。

私自身、DV被害に遭ってるなんて思ってもみませんでした。
そんな私のDV体験についてはこちらの「洗脳されてた!?シアンのDV体験談」をご覧ください。

 

この記事が少しでもあなたの役に立ちますように。

 ←あなたのクリックがブログ更新の活力になります☆

 

アドセンス広告スマホ

アドセンス広告スマホ

-うつ

Copyright© 鬱からの脱却~生きてりゃ何とでもなる~ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.