私の体験談

もはや鬱本来の症状なのか分からない・・・薬による副作用

更新日:

こんにちは。うつ病歴7年、闘病の末ようやく克服できたシアンです。

今回は私の服薬中に実際に起こった薬の副作用について書いていこうと思います。

うつ病の教科書みたいな書籍にも副作用について色々書かれていますが、私が体験した副作用をご紹介しますので、書かれていないようなものもありますよ!

ぜひ、最後まで読んでみて下さい。

 

 

本当に様々な副作用

副作用のイラスト

うつ病の薬(向精神薬+睡眠導入剤)による一般的に言われる主な副作用として、頭がボーっとする、口の渇き、下痢、便秘、胃の不快感、頭痛、吐き気、めまい、手足の震えetc...いっぱいありますよね。

私も口の渇きや頭がボーっとする、頭痛、手足の震え、便秘など主な症状はありました。

しかし私に現れた副作用で、処方箋やうつ病の教科書的な本に記載されていなかったものもありましたよ!

ではそれらをご紹介します。

 

●口が勝手にパクパクする

今思い返すと、この口パクパクは結構恥ずかしいですね。。。
何も知らない第3者の方が見ると完全に頭のおかしな子って映っていたように思います(笑)

本当に意図せず勝手に口がパクパク動いてしまうんです。

周囲から「キモい!」って言われたこともありましたよ。

当時はグサグサ言葉の暴力受けてました(笑)

 

●目が半開き

目の半開きに関しては、もしかしたらうつ病による症状だったのかも知れませんけどね。

当時の写真を見ると目が半分ほどしか開いてないものばかりなんですよ^^;

自撮り写真を撮る時って、女の子は少しでも可愛く撮れるように目を大きめにしたりしますよね?

今では自撮り写真を撮ったら自動で少し修正してくれて可愛く撮れたりしますが、私がうつ病の頃ってそんなのなかったんで、自分でいい角度を見つけていい感じに撮るしかなかったんですよ。

そうやって少し目を大きめに開いて可愛く写るように撮ってるはずなのに、それでも目が半開きでした。

もしかしたら、その頃の普段のシアンは本当に目が開いてない状態だったのかもしれませんね。

正月とかで家族で撮った写真とかあるんですけど、未だにその病気の頃の自分の姿を見たくないです(笑)

 

体重増加・・・

体重増加のイラスト

そして一番イヤだったのが体重増加!!

正確には体重増加は副作用ではなかったのかもしれませんが^^;

私はうつ病の頃は拒食気味の時期と過食気味の時期が繰り返しあったんですよ。
そのせいもあってか、頑張ってダイエットしてみても体重は減るどころか増えていくばかり…。

何をやっても体重が減ることはなく、次第に諦めるようになりました。
(学生時代の頃は結構痩せ気味の体型だったのに…)

これは本当に悲しかったです。

運動してみてもダメ、食事制限してみても後で反動で食べてしまう。。。
このままお嫁に行けないんだ…と絶望感に苛まれていました。

…が、まぁ病気が完治する頃には何もせずに自然と学生時代の体重まで落ちましたけどね。

本当に何もせずに自然と体重が落ちたので、きっと病気と薬の副作用が原因だったんだと思いますよ。

うつ病による症状も辛かったですが、私に起きた副作用も毎日常に感じていたので、この副作用も地味に辛かったです。

あまりにも副作用が辛くてしんどい時には医師に相談してみてくださいね。
私の場合は「副作用だからしょうがない」の一言で片付けられてしまいましたけど。。。

こういう面でも医師との信頼関係って大切ですね。
私には医師との信頼関係がなかったので、余計に完治までに時間がかかったんでしょうけど(笑)

 

 

薬漬けの日々

で、結局、私は薬漬けにされていたんですよね。

薬の効果が得られずどんどん追加されていくばかり。

副作用が強くなり、その出ている症状がうつ病本来の症状なのか、副作用の症状なのか、もはや全く分からなくなりましたね^^;

皆が皆そうだとは言いませんが、絶対、私みたいに薬漬けにされてる人は多いはずですよ!

意外と精神科医でもうつ病に関して正しい知識がなかったりしますからね。

うつ病に関して正しい知識で、正しい治療をしないと、回復までに大分時間がかかってしまいますのでご注意下さい!

このことを知ったのもつい最近でしたけど。。。
もっと早くに知りたかったです。

 

何年も同じ病院に通ってても症状が改善しないというあなたには、セカンド・オピニオンとして別の病院を受診されることをお勧めします!

私は断薬することによってうつ病を完治させることが出来ました。

薬で症状が抑えられている人もいますので、あまり大きな声では言えませんが、断薬してみたら意外と平気だったということもあるんです。

断薬することは止めませんが、後で反動が来るかも知れませんので、するときは自己責任で実行して下さいね。

詳しくは「まさかの断薬でうつ病完治|私が断薬を決めた理由と断薬後の症状」もご覧ください。

 

この記事があなたの役に立ちますように。

アドセンス広告スマホ

アドセンス広告スマホ

-私の体験談

Copyright© 鬱からの脱却~生きてりゃ何とでもなる~ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.