私の体験談

原因不明だったイライラ感、孤立により生まれた感情でした

更新日:

こんにちは。7年間の闘病の末うつ病を完治したシアンです。

うつ病の方の多くが経験されてると思うんですけど、鬱に陥ってる時に原因不明なイライラ感ってありますよね。

なんか分からないけどイライラする。。。
本当に張本人も原因が分からないので、対処の仕方もよく分からなかったんですよね。。。

今回はうつ病当時を振り返って、何故イライラばかりしていたのか、私なりの見解を書いていこうと思います。

 

 

物理的・精神的な孤立

孤独

まず、イライラの原因ですが、大半は社会からの孤立過去の自分にすがりつくことが原因じゃないかなと感じています。

私自身も治療に専念するために周りの環境から切り離されてしまい、元気な頃の輝かしい自分にすがりついていたので、物理的にも社会から孤立しました。

そして家族に見守っていてもらってる中で、私の気持ちは誰にも理解してもらえなかったので心は一人ぼっちだったんですよ。

 

社会からの孤立

私は周りの友達や環境から孤立してしまいました。

高校を3年生の10月に退学になり、友達らと繋がることが少なくなり、かと言ってどこかへ出かけることもなく。

人と会うのも億劫でしたし、外出する元気もなかったんですけどね。

そういった状況でしたので友達や社会との繋がりがなくなり、あまり意識したことはありませんでしたが、孤立したように感じていました。

 

精神的な孤立

家族や親しい友達に苦しい胸の内を相談しても誰にも理解してもらえない悲しさや苦しさ、もどかしさ。

そして家族から諦めの感情が入り混じった表情、それらが私を孤立させました。

正確に言うなら自分から孤立したって感じですね。
口では「分かるよ」とか、態度で理解しようとしている姿はあったんですが、やはり理解してもらえないことが雰囲気で伝わったため、自分から理解してもらうことを諦めるようになりました。

まぁ、本当の意味でうつ病の苦しみを理解してもらうのは経験者じゃないと無理だと私は思います。

 

 

過去の自分が邪魔をする

仕事できる

本当なら大学生になって将来就きたかった職業に向けて勉強していたはずなのに。

すごく勉強もスポーツも出来ていたのに。
生徒会長に推薦されるぐらいだったのに。

友達も多かったのに。
本当の自分はすごく明るくて活発で元気な女の子なのに。

そういった過去の充実した生活を送っていた自分を思い出し、また本来の自分に戻りたいと切願しては叶わないことと痛感し、病気になってしまった自分と比較をしてはどうしようもない絶望感を感じていました。

要は過去の自分と現在の自分のギャップですね。
こんなはずじゃなかったのに…と。

そういった過去の自分にすがりついていたので全然前に進むことが出来ませんでした。

 

 

そして絶望感から生まれたイライラ

絶望感

このまま生きていても良いことなんてない。
なんのために私は生きているの?
苦しい。
消えたい。
死にたい。
将来になんの希望も持てない。
これから私はどうすればいいの…?

『今は休養する時間』『今まで頑張りすぎて心が疲れてるだけ』って頭では理解はしていたんです。

思い返してみると心は納得してなかったんですよね。
心の奥底では、深層心理では、孤立してしまった寂しさや悲しさ、将来への絶望感を感じていて、病気の頃はそれらが心の奥底にあったがためにイライラしてたんだと思います。

私自身、うつ病当時はイライラの原因が本当に分からなかったんですが、今にして思うと周りから見放されたような感じがずっとしていて、

本当の自分はこんなんじゃない
本当はもっと○○出来るんだ
なんで少し前まで出来てたことが今はできないんだ

そういう感情が自分の気付かないとこでずっと心の中にあったんだと思います。

 

うつ病のあなたはどうですか?
周りと切り離されると、正直焦る気持ちってないですか?

そういうところからイライラ感て生まれるので、どっしり構えることが大事にはなります。

それでもイライラする時はイライラしちゃうんですけどね^^;

でも、イライラの原因が分かったら少しは楽になりません?
「あ、こういうことで私はイライラしてたのか」って。

原因が分かればまだ対策は立てやすいですからね。

この記事が少しでもあなたの役に立ちますように。

アドセンス広告スマホ

アドセンス広告スマホ

-私の体験談
-

Copyright© 鬱からの脱却~生きてりゃ何とでもなる~ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.